FC2ブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

柴君見つかったよ?と、嬉しい報告♪

(文字が小さいな。と、思ったら右上の▲を押して下さいネ。文字が大きくなります)

おばさんの独り言が多いいので面倒臭い方はスル―して下さい
読んで頂ける方には感謝致します



うれしい報告です

迷子になっていた 柴の ヒカル君 

保健所から連絡があり、見つかったそうです

何でも、どこかのおウチに迷いこんでたそうです

しかも、そこのおウチにはヒート中の女の子がいたそうで・・・・(爆笑)

でも、早くにおウチに帰れて良かったネ??

探してくれるママがいる ヒカル君

元々、ロープで縛られて捨てられてたらしいけど

優しいママに拾われたんだから、自分から逃げちゃダメだよ?

今回はヒカル君の男の性が君を救ったけど、そんな人ばかりじゃないからネ 



そして、もう1つ

ココママさんの所で、里親様募集していた迷子のダックスちゃん

保護してくださった方が、そのまま里親様になってくれるそうで

良かったネ イイ人に拾われて

我が家でも、里親様の募集を何度かさせて頂きました

中には本当に急を要する子もいました

その度、心優しい人に助けて頂きました

まだまだ、世の中捨てたもんじゃない。イイ人も沢山いるんだ

と、心から感じてきましたが・・・・・

この、つたないブログを覗いてくださる方で、保健所からレスキューをされている方がいます

その方のブログをいつも、読み逃げしている私ですが

その方のブログには、優しい人が迎えにきてくれるのを待つだけの子が沢山います

そのままお迎えの来ない子も沢山・・・・

最近の記事の中で、病気の小さいお友達が何匹かいました

病気の子は誰もお迎えが来ませんでした

あられと同じ犬種の子が、ボロボロの姿でいるのを見た衝撃

何とかしたいと思っても、何も出来ない自分のふがいなさ

涙するしか出来ない自分に憤る

そして、何故こんな子を捨てるのか

確かに治療費は高いかもしれません

高い治療費を払えない方もいるでしょう

だったら、せめて最後まで、看取って下さい

最後まで、一緒に居られるだけで、何も恨まないと、思います

高い治療費が払えなくても、家族と、最後まで居られる幸せを与えて欲しいです



以前、おばさんがブログを始める前

色んな方のブログ巡りをしていた頃・・・・

求めたプードルが、ティーカップではなく、大きくなったから

もっと小さい子を。と、求めた方がいました

そして、大きくなってしまった子は、噛むからとか、なつかないからと言った

色々な理由を付けて泣く泣く友人に譲ったと

その子にとったら、その方が幸せだったでしょう

ただ、その飼い主に、ものスゴイ憤りを持ちました

物では無いんです。生きてるんです。心があるんです。

どんな理由を付けても、それは貴方が躾けられなかっただけの事

キチンと向き合い、躾ければ、スゴクイイ子になったはず

大きくなったから、自分の思いと違ったから

だから、要らないって

貴方には動物を飼う資格は無い。と、叫びたくなりました

それ以来その方のブログは見ていませんが

とても、可愛がっているように感じられる方のように見えたのに・・・

ブログだけでは、判らないんだなぁ?と、つくづく感じました




おばさんは生まれた時から、ワンと離れたことが殆どありません

父親がワン好きで、絶えずワンが居て、時には何頭も・・・

交配から、出産、育児それらを身近で見て育ってきました

出産・育児に両親は寝ずに見たものです

シェパードの男の赤ちゃんで、生まれた時から性器の異常な子がいました

病院で、この子はもうダメだから、遺棄しましょう。と言われた子を

母は 管を付けておしっこが出来るようにして下さい

と話、管を付けてもらいました。

尿管はあったので、尿道口が出来るまで、管を入れておけば助かるかもと、言われたのです

ただ、管が抜けてしまうと、尿毒症で、亡くなります

おしっこは常に垂れ流しです

管を止めたテープはすぐに取れます。管もスグ抜けます

母犬は産まれた時から、異常に気づき、食べようとしました

自然の中で生きていけない子はすぐ判る本能には驚きますが

そのため、人口保育するしかありません

3時間置きにミルクを作り、哺乳瓶でミルクを与え

常に管の心配をし、やっと大きくなって、ひと安心と、思ったら

管が気になり、自分で抜くように

その頃は、エリザべスカラ―なんて、ありません

なんとか抜かない様にいつもいつも見て、尿道口が出来る2ヶ月間

心安まることが無かったでしょう

そんな、両親を見て育ってきました

だから、生あるものを簡単に見捨てる人が理解できないのかもしれません




半世紀、家族より身近な存在のこの子達と接してきて幸せを沢山頂きました

だからこの子達には幸せになってもらいたいと、切望しています

060_R_20100702151418.jpg

053_R_20100702151418.jpg

051_R_20100702151418.jpg


長いお付き合いありがとうございました

下の ポチッも宜しくです
にほんブログ村 犬ブログ ティーカッププードルへ
にほんブログ村
ありがと????お天気おばさんでした
また、来てネ???
スポンサーサイト



| 里親募集 | 15:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT